上に戻る

キャンペーンに参加する

このページの手順を参考にペルセウス座流星群を観察して、国立天文台に報告してください。

観察当日までの準備

観察の計画を立てよう

当日になって慌てないよう、いつどこでどうやってペルセウス座流星群を観察するか、計画を立てておきましょう。

ペルセウス座流星群を観察するには

流星の見分け方を知ろう

このキャンペーンでは、なるべく、ペルセウス座流星群の流星かどうかを見分けて報告してくださるよう呼びかけています。

《注意》ペルセウス座流星群の流星かどうかを見分けなかった場合には、1時間当たりの流星数の変化を計算する際に、その報告は使われませんのでご注意ください。

流星の見分け方

記録用紙を印刷しよう

記録用紙

記録用紙を印刷しましょう。何人かのグループで観察する場合には、人数分の記録用紙を用意してください。記録用紙の「観察者」欄にそれぞれの名前を書いておきましょう。

記録用紙ダウンロード(PDF)

日付などが書かれていない記録用紙が必要な方は、こちらの用紙をダウンロードしてお使いください。

時計を合わせよう

観察の前に時計を合わせておきましょう。
なるべく観察の直前に合わせましょう。
10秒程度の狂いは気にしなくてよいでしょう。

観察当日

流星を観察して記録用紙に記録をしよう

その夜の観察を始める前に、記録用紙に「観察地」を記録しましょう。また、ペルセウス座流星群の流星だけを区別して数えるか、区別せずにすべての流星を数えるかを決め、「流星の区別」に印をつけましょう。
観察は1時間ごとに区切っておこなってください。各時間の観察が終わったら、「観察時刻」(何時何分~何時何分)、「観察した時間」(何分間観察していたかを観察時刻から計算してください)、「流星数」(ペルセウス座流星群の流星かどうかを区別した場合には群流星のみの数、区別しない場合には見た流星の数すべて)を記録します。ずっと天気が悪かったときには「天気が悪くて見えなかった」を丸で囲んでください。

《注意》実際に自分の目で流星を観察してください。インターネット中継等を見て、その結果を報告しないようお願いします。

観察終了後~8月17日午前10時

国立天文台に報告しよう

観察が終わったら、下のリンクをクリックして国立天文台に報告をしてください。記録用紙で太枠に囲まれた項目が、報告に必要な項目です。
報告が終わったら、記録用紙の「国立天文台に報告済」に印をつけましょう。

報告の受付は終了しました。
ご参加ありがとうございました。

受け付け終了後、皆さんから報告していただいた観察結果を集計し、考察などを加え、最終集計結果を作成します。最終集計結果は、8月29日(水曜日)頃までにこのサイトで公開する予定です。

学校や施設で多数の観察結果をまとめて報告したい場合については、「観察結果をまとめて報告するには」をご覧ください。

簡易集計結果

観察結果を10分ごとに簡易集計した結果を公開しています。流星群の活動の変化をリアルタイムで知るための参考にしてください。

簡易集計結果を見る

《注意》ご報告いただいた観察結果とアンケートの回答(以下「データ」)は、キャンペーン以外にも、研究等のために利用することがあります。(例えば、データを元に論文を作成し科学雑誌に投稿する等。)また、研究を目的とした他の機関にデータを提供することがあります。ご了承ください。