2013年はペルセウス座流星群を観察する絶好のチャンス 流星を数えて報告しよう

毎年8月中ごろはペルセウス座流星群の季節。このころ夜空を眺めていると、多くの流星を目にするはずです。
国立天文台では、この時期に合わせて「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンをおこないます。8月9日の夜から14日の朝までの間に星空を眺め、流星がいくつ見えたかをインターネットで報告してください。

報告の受付は終了しました。ご参加ありがとうございました。

最終的な集計結果を公開しました。(2013年8月23日)

ペルセウス座流星群を観察するには 流星の見分け方

キャンペーンに参加しよう(実施期間:8月9日~14日)

流星がいくつ見えたかを報告すると、データはすぐに集計されます。皆さんからの報告が集まれば、流星群の活動が明らかになるかもしれません。

報告のしかた 観察結果報告 集計速報

キャンペーン情報配信サービス

今後のキャンペーン情報をお知りになりたいという方は、以下に電子メールアドレスを入力してください。(メールの受信をブロックしている方は、 @pub.mtk.nao.ac.jp をブロックの対象から外してくださるようお願いします)


ペルセウス座流星群について

2013年のペルセウス座流星群についての詳しい情報は「2013年のペルセウス座流星群」をご覧ください。